0053_xlarge - コピー - コピー.jpg
シモノロ施設内教育機関「花咲み」

「生きる力〜学びのその先へ」文部科学省が定める新しい学習指導要領(2020年度より順次実施)のキャッチコピーです。その要旨は、主体的・対話的な学び、カリキュラム・マネジメント(教科間の横断、地域との連携、カリキュラムの効果を検証するPDCAサイクルの実施などを通じた教育の質の向上)を通じて「学びに向かう力・人間性」「思考力・判断力・表現力」「知識・技能」をバランスよく育もうというもの。これはまさに、100年以上続く詰込み型の一斉講義方式は時代に合わないことを認め、自ら考え行動する「生きる力」を育むことを目指す内容でありながら、公教育ではなかなか実現できないのが現状です。​

花咲みの活動は、夏は川遊び、秋は木の実拾い、雪遊びの冬が過ぎたら、春には山菜取り&調理。取り組みは、今子どもたちと一緒に考えたいSDGsのモノサシで見る、日本、世界、地球のこと。
シモノロ・パーマネントに併設されている教育機能「ハナエミ 花咲み」ではようちえんや自由な学校の他、普段小学校に通いながらも平日は学童として、週末は金曜日からの集中キャンプとして、自由にご参加いただけます。

 

スタッフ

かっしー(柏木博和)

花咲み代表。保育士、野外活動指導者(NEAL)、
キャンプインストラクター、木育インストラクター。
明石市生まれ三好市育ち。詫間電波工業高等専門学校卒業。前職はプラント建設会社でエンジニア&プロジェクトマネージャー&経営スタッフ。
「元気な日本をつくるにはまず教育」と森のようちえん、フリースクールを開設するため保育士資格を取得し2017年帰郷。
趣味・好きなものは、酒、ギター、ものづくり

アンバー(Amber Marie Bunnell)

常勤スタッフ。アメリカ合衆国ミネソタ州生まれ。美馬市で3年間ALTとして教壇に立ち英語を教え、帰国後さらに教師をしながら大学院で教育を学ぶ。アメリカでは幼稚園から高校までの英語・日本語教師の資格を持つ。2020年7月から花咲みのオンラインクラスを担当。2021年1月に再来日し常勤スタッフに。
英語・日本語を見事に操り、常に「こども主体」の学びを考え、教えすぎず、放任しすぎない絶妙な距離感が魅力。
好きなものは読書、旅行、温泉、コーヒー

花咲みの学び

PBL

Project Based Learning​

プロジェクト型学習

答えが一つではない問いに向き合い、多角的に考え探求するプロジェクト型学習(PBL Project Based Learning)を軸に学びを深めます。さまざまなプロジェクトに取り組む中で、数学・社会・生活・芸術などの教科を横断的に学びます。目的に向かって身に付けるスキルや知識は、定着率も高く応用が利く生きたスキルとなります。(例えば、環境問題をテーマにした中で、廃棄物の量や種類を定性的・定量的に分析しながら、予算や工程を管理したり、発表成果物を作成する中で、PC操作やプレゼンテーションスキルを身につけます)

デザイン思考

Design Thinking

サービスやプロダクトの先にある”人”を中心に置いた問題解決の考え方。真の問題は何か、仮説は正しいのか 「デザイン思考」によって、定義されていないことや知られていない問題にも挑戦することができるようになります。このプロセスの中で採用されている手法が『人間中心的(human-centric)』なアプローチや、アイデアを出し合うブレインストーミング、実際に試作品を作ってみるプロトタイピング、試作品を試しに使ってみるテスティング。よく観察し問題をみつけること、誰かに役立つ解決策を見出せるようになることを目指します。

英語イマージョン

Design Thinking

「英語を学ぶ」のではなく「英語で学ぶ」英語イマージョン。サイエンス、モノづくり、音楽、ゲーム等の遊び×学びを外国人スタッフと英語を使って行います。英語の中に身を置くことで「英語で考え、英語で話す力」が身に付きます。試験のために学ぶ英語とは異なり、思考・コミュニケーションの手段として身に付ける「生きた英語」は大きな武器となります。また、外国の文化を知ることで多様性を受け入れるグローバリズムも育ちます。

自然・地域とのふれあい
自然や地域とふれあい、木登り、魚釣り、焚き火などダイナミックな遊びを楽しむことで、自然への興味・関心が引き出され学びの原動力が生まれます。また環境問題や持続可能な社会づくりの大切さも身近に学びます。

集団遊び
異年齢の集団遊びを通して、関わり方や折り合いの付け方を考える、みんなが楽しめるようなルールを子どもたち自身が必要性から考えるなど、ソーシャルスキル(社会性の学び)が育ちます。

学びの杭(かおりメソッド)

遊びと勉強の壁を壊し、楽しく勉強素材を取り入れる「杭」をあちらこちらに打っています。意識せずにさまざまな学びを吸収することを目的とした活動です。学び体質な子に育てる「かおりメソッド」を導入しています。

モノづくり

ハナエミ、シモノロ・パーマネントには手作りのモノがいっぱい。「こんなのできるんだ!」からモノづくりに取り組むことで、作る楽しさや集中力が身に付きます。また小さな怪我や失敗を体験することも大切だと考えます。

自主性、デザイン思考
こどもたち主催のイベントを開催します。「目的に向かって何をするべきか」を考え、長期的・計画的に取り組むことが自発的な学びにつながると同時に社会や経済の仕組みを考える機会にもつながります。

聴く、考える、伝える

毎日のミーティングのほか、活動の計画、成果のレビュー、振り返りなど、ゆっくりじっくり意見を表明し、聴き合うことで、聴く力、論理的な思考、伝える力を養います。また、活動の中にもディベートやプレゼンテーションの時間を取り入れます。

様々な専門家

ハナエミ、シモノロ・パーマネントのスタッフは、いろんな分野の専門家。保育士・野外活動指導者で元エンジニア、デザイナー、大工さん、パティシエ、シェフ…さまざまな「お仕事」を身近に感じられます。

おやつ

甘い既製菓子を食べすぎていませんか?無農薬米のおにぎり、有機野菜のチップスなど、安心・安全なおやつを自園調理で提供します。こどもたちプロデュースのおやつ作りなどをプログラムに取り入れれば、食への関心も高まります。 
 

手作り夕食

子どもたちの親御さんは、働き盛りで忙しくて当たり前。希望者には手作り夕食をご準備できます(要予約、別料金)。ほかの保護者との夕食会を楽しんだり、お持ち帰りいただいてご家庭で召し上がっていただくことも可能です。

 

子ども時代の五感磨きが本物に導く。

里山のようちえん ハナエミ

幼少期に必要な五感磨きの

最大の引き出し場所

大自然でしかできない自然教育。
日々の外遊びを中心に、
感じることの大切さを

実践型で学ぶ里山の幼稚園です。

概要、対象

概ね3歳以上の未就学児を対象にした認可外保育施設です。
[森のようちえん]と呼ばれる自然環境を生かした保育スタイルで、
自然の中で五感を磨きながら豊かな感性・自己肯定感を高めます。

基本的にプログラムにとらわれない自由保育(保護者参加可)です。

自由遊びでは、主に園舎近隣の森のフィールドに出かけて遊びます。落ち葉や木の実を拾ったり、斜面の段 ボールすべりは雪が降ればソリ遊びにも。園舎のすぐ隣は小川なので、夏場は水の中の生き物を観察したり、 ほとりで食事をしたり。考えつくことはなんでもできる森では、遊び方は無限です。日によっては、季節ご との地域行事などにも積極的に参加したり、達人ゲストとの交流を行うこともあります。 さらに併設する「自由の学校 花咲み」のおにいさん・おねえさんとの交流もあり、刺激もたくさん。保護 者の参加者とともに食事を作ることも、楽しみのひとつです。

対象年齢: 概ね3歳~5歳の未就学児
預かり時間: 月~金 8:30~16:00

入園料:50,000 円

保育料:46,000 円 /月 4,000 円/日(給食費含む)
※無償化の対応ができます。お問い合わせください。
※送迎もあります。保護者の出勤時間の都合などご相談ください。

 

学びも集中も語学も、楽しさから。

楽しいから学ぶ、

知っているから楽しい。

遊びと学びに壁はありません。

 

子どもはみんな乾いたスポンジ。意欲、集中、継続。

その楽しさをみんなで学ぼう。

自由な学校 花咲み

概要、対象

小学生を対象としたフリースクールです。互いを認め合う環境の中、プロジェクト型学習、自然体験、2か国語学習などを軸に生きる力の育ちをサポートします。
 

探求する学び、プロジェクト型学習(PBL)

自由な学校 花咲みでは、答えが一つではない問いに向き合い、多角的に考え探求するプロジェクト型学習(PBL Project Based Learning)を軸に学びを深めます。さまざまなプロジェクトに取り組む中で、数学・社会・生活・芸術などの教科を横断的に学びます。目的に向かって身に付けるスキルや知識は、定着率も高く応用が利く生きたスキルとなります。(例えば、環境問題をテーマにした中で、廃棄物の量や種類を定性的・定量的に分析しながら、予算や工程を管理したり、発表成果物を作成する中で、PC操作やプレゼンテーションスキルを身につけます)
 

STEAM教育

多くのプロジェクトでは、STEAM(科学・技術・工学・芸術・数学)の各領域にまたがるものとなります。より美しい成果物をより広く発表することを目標とすることで、トライ&エラーを繰り返し、深い学びにつながります。
 

社会とのつながり

活動の中で、様々な職種のゲスト講師を招いての学びや、野外活動、農業体験や伝統文化体験(自家農園での栽培や収穫、しめ縄づくり、豆腐や干し物などの伝統食品づくりなど)を通じて、社会とつながり、互いの個性を認め合いながら、主体的で対話的な深い学びを実践します。
 

豊かな自然環境

里山の豊かな自然の中で、自然とのつながりを体感し、しなやかな心と身体を育みます。

2か国語での学び

常勤外国人スタッフと共に活動することで、「授業で教えられた英語」ではなく、生きたコミュニケーションツールとしての英語能力も高まります。
 

対象年齢:小学校 1 ~ 6 年生 

時  間:月~金 8:30~16:00(週 1 日からの参加も可)

入 学 金 :65,000円

学  費:年払 550,000円/月払 48,000円/日額 5,000円

給食及び補食費(月~金昼食、おやつ)

     月額 6,000円/日額 600円

 

熱中する時間が学び体質を育む

花咲みアフタースクール

里山の自然の中で五感を磨き、

自己を認め互いに認め合うこと。

公立校に通いながら

大切な放課後の時間を

仲間と過ごし集中する時間に。

​プロジェクトを通して

学ぶ語学の体験は

実社会に直結します。

​3月23日火、24日水は無料体験会です!
お問い合わせ・お申込みは以下のボタンより

概要、対象

概ね小学生を対象に、里山の自然の中でのダイナミックな遊びを通じて、楽しみながらソーシャル・スキルを身に付けます。

日本語のやりとりの他「英語を学ぶ」ではなく「英語で学ぶ」英語イマージョン。外国人スタッフとの活動・学びで、「感じたこと・伝えたいこと」→「日本語」→「英語」の変換でないダイレクトな英語をコミュニケーションツールとして身に付けます。

対象年齢:小学校 1 ~ 6 年生 

時  間:月~金 16:30~18:30(週 1 日からの参加も可)

送  迎:池田小学校~順次(予約状況に応じて時間を早める場合があります)

ご希望者には夕食付(要予約)

入 学 金 10,000円

月 謝 制 8,000円(週2回),2,000円(スポット)

 

自分で考え決めて仲間と楽しむ

週末集中キャンプ

大自然の中での「自由」。
だからこそ社会性が見いだせる

週末集中キャンプ。
やりたいこと(目的)のために、
うまくいくように調整し、
みんなが納得いく方法を
導き出すことは、社会生活を
送る中で大きな力となります。

​春休みキャンプ3月25~4月6日まで開催!
​※いつでも参加・泊りも可
お問い合わせ・お申込みは以下のボタンより

概要、対象

週末の日帰り~1泊2日、自由にご予約いただけます。

おおよそ小学生以上の、自分のことができる子どもは

親元を離れ仲間とテント泊も。人間力、自立心を育て合います。

スペシャリストをゲストに迎えて行うプログラムや食育、木育など、

これからの学びに役立つプログラムも行っています。
 

時間 9:30~16:00

料金 4000円(2人目以降2000円、保険代込み、昼食付)

※お得な会員割引あり
​※会員の紹介に限り初回半額

ご予約

​カレンダーで開催日をご確認の上、公式LINEにてお気軽にお声かけください。
①お名前
ご参加希望日 
 a.土曜日帰り(昼食・おやつ付)
 b.日曜日帰り(昼食・おやつ付)
 c.土日1泊2日(4食・おやつ付)
③緊急時電話番号
④ご参加者全員のお名前、学年(ご宿泊の保護者は年齢もご記入ください)
​⑤アレルギー、食事制限

© 2023 by HEAD OF THE CLASS. Proudly created with Wix.com

PR / T 123.456.7890 / F 123.456.7899 / info@mysite.com

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン